どうする?クラウド時代のセキュリティ
いま大注目のセキュリティテクノロジー”CASB”って何だ?
White Paper
【ホワイトペーパー】
クラウドセキュリティに必須のソリューション
Cloud Access Security Broker (CASB)
導入のポイント


複数クラウドサービスをマルっと見える化!

クラウド時代に困難さを増すセキュリティ対策や法令順守。CASB(キャスビー)は、クラウドサービスの利用を見える化し、安心安全な運用管理を支援するテクノロジーです。

今後ますます必要となってくるクラウドセキュリティの最適解 CASB について、分かり易く解説します。

  CASBがクラウドにとって必須な理由
  導入にあたり予算を捻出する方策
  CASBがもたらすメリット
  ひと味違うOracle CASBの特長

詳しくは、本ホワイトペーパーをご覧ください。
ホワイトペーパー「CASB導入のポイント」

他社クラウドも全部見える化!ひと味違う Oracle CASB
データベースやアイデンティティ管理など、最高クラスのセキュリティと性能で永年にわたりリードしてきたオラクル。
エンタープライズ向けシステム基盤を熟知するオラクルは、他社クラウドも含めたマルチクラウド環境のシステム全体をマルっと見える化します。導入しやすいクラウドサービスとしてOracle CASBを提供しています。
詳しくは、本ホワイトペーパーをご覧ください。

Oracle CASBの特長
クラウドセキュリティの可視化と自動化を実現するクラウドサービスOracle CASB
  • マルチクラウド対応
    ・インフラからアプリケーションまで、企業内で活用されている多彩なクラウドサービスやクラウド上にあるデータを可視化
    ・IaaS、PaaS、SaaSなど全てのクラウドサービスに関して、完全な可視性およびガバナンスを確保可能
    ・他社クラウド、他社サービスも対象にできます
  • APIベース
    ・クラウド利用者に影響を与えずモニタリング、5分でセットアップ完了
    ・プロキシにも対応予定
  • 視認性の高い画面
    ・SIEM(セキュリティ情報イベント管理)、IDaaS(Identity as a Service)、ファイアーウォールと連携した高度なモニタリングやシャドーIT検知が可能
  • 機械学習に基づく行動分析
    ・ユーザーのリスクをリアルタイムで評価
    ・アクセスパターン、権限をもつユーザーの行動、アクセスするデバイスの特性など幅広い項目を継続的に評価し定量化
    ・リスクの高いユーザーの監視、高リスクユーザーからのアクセス拒否が可能