Webセミナー
顧客が求める体験は、精緻なデータ管理が鍵!差のつくカスタマーエクスペリエンス
Date: 2018年8月30日(木)
Time: 17:30 - 18:15 (Q&Aあり)
顧客エンゲージメントを強化する統合顧客管理基盤
デジタル化が進む昨今は、顧客データの取得方法も多様になり、各部門での利用にも汎用性が出てきました。企業側では部門ごとに手軽にサービスの種類に多様性が出せるという利点があり、顧客側から見ると選択肢が増えているという、相互にとって有益な状況です。しかし、これはデータが「統合」されていて、「きれいな」状態でないと、次のような壁にあたってしまう傾向があります。

・顧客に対して一貫したコミュニケーションが提供できない

企業名や顧客情報などが部署ごとに管理されていて統一されていない、顧客情報が正確に入力されていないなどのために、同一の顧客でありながら異なるデータとして格納されてしまっているといったことから生じる問題です。これは、顧客側の視点から考えた時に、決して満足度の高いカスタマーエクスペリエンス(CX)とは言えません。顧客は、受けるサービスで企業に対する印象が変わることがあるため、CXの向上を図る上でデータは重要な要素となるのです。

そこで、顧客情報の品質を向上させ、営業・マーケティング・サービス品質を高めて顧客満足度と売上向上の両方を実現するために注目されているのが、「精緻な顧客管理システム」です。

オラクルでは、その実現のサポートとしてOracle CDM(Customer Data Management)というツールをご提供。Webセミナーで詳しくご紹介していきます。


<セミナーに含まれる内容>
  • 製品の特長
  • デモンストレーション など
スピーカー
Takashi Miyagawa
宮川 崇 / Takashi Miyagawa
日本オラクル株式会社
ソリューション・エンジニアリング統括
クラウド・アプリケーション本部
CX ソリューション部 部長
プロフィール: オラクルCX ソリューションのプリセールスチームのリーダー。CRM黎明期に日本シーベル(株)へ入社。オラクルが買収後もマーケティング、営業支援、サービス、Eコマースといった顧客関連システムの提案活動を業界問わずに推進。
ご注意:
・セミナー内容は、当日の進行状況などにより事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

本セミナーに関するお問い合わせ:日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.com
ご使用のコンピューターまたはスマートフォンやタブレットがWebセミナーの視聴に対応しているかご確認ください。