Webセミナー
B2BマーケターがMAの次に使う一手「DMP」の活用術
Date: 2018年10月3日(水)
Time: 17:30 - 18:15 (Q&Aあり)
DMPオーディエンスデータを拡張する、次世代のB2Bデジタルマーケティングソリューション
デジタルマーケティングが一般化した現在、B2B 企業で注目を集めていたMAツールはもはやコモディティ化しており、各企業は次の一手を考えなくてはならないフェーズに来ています。メールの配信を行うにあたり行う「セグメンテーション」と、実際のページに呼び込むための「プロモーション(広告)活動」を一気通貫で考える必要があるためです。MAを導入して一歩前進し、そしてその先の壁にあたった企業が考えているのが「DMP(Data Management Platform)」の活用です。これまでそれぞれの役割を個別に管理していた企業は連携を考えはじめています。

作成したページへDMPを使って呼び込み、更にそこからMAを活用してナーチャリング(見込み顧客の育成)をしていきますが、OracleMarketing Cloudでは、B2B 向けのMAツールとDMP をシームレスに統合し、オーディエンスデータの拡張(エンリッチ)を実現してデジタル広告の効果をより高めることを可能にします。Webセミナーでは、その方法について詳しくご紹介していきます。

<セミナーに含まれる内容>
  • 製品の特長
  • デモンストレーション など
スピーカー
Takashi Miyagawa
宮川 崇 / Takashi Miyagawa
日本オラクル株式会社
ソリューション・エンジニアリング統括
クラウド・アプリケーション本部
CX ソリューション部 部長
プロフィール: オラクルCX ソリューションのプリセールスチームのリーダー。CRM黎明期に日本シーベル(株)へ入社。オラクルが買収後もマーケティング、営業支援、サービス、Eコマースといった顧客関連システムの提案活動を業界問わずに推進。
ご注意:
・セミナー内容は、当日の進行状況などにより事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

本セミナーに関するお問い合わせ:日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.com
ご使用のコンピューターまたはスマートフォンやタブレットがWebセミナーの視聴に対応しているかご確認ください。